戦極姫3~天下を切り裂く光と影~その陸

武田家

スクリーンショット (13)2


特徴としては


 ・CPが多い

 ・威光が高い(最高の8)

 ・統率の高い武将が多い

 ・ユニーク武将が多い

 ・開始位置が最悪

 ・多方面に侵攻可

 ・今川家、北条家と同盟状態

 ・シナリオルートでは信玄、信廉の同時使用は出来ない

 ・武田家クリア後に影ルートが開放

スクリーンショット (174)

スクリーンショット (175)




進め方としては


前作からの変更点はアイテムの存在が大きいです。

武田家の場合、最優先事項になるのは上野・平井にて漢の史記の入手になります。従って北条との同盟状態をなるべく保ったま

ま入手したいのであれば村上義清を加えた状態で開始することを推奨。手間が省け侵攻速度が上がります。

迅速に南信濃、北信濃の制圧。北信濃に一定の兵を配置しながら上杉の国内平定を遅らせる。(今作ではあまり意味がないかも

しれません)

その間に上野に侵攻後なるべく多くの城の支配し(出来れば上野の完全制圧)北条の進路を阻み囲みます。そのあとは

 ・下野→常陸に進行後、佐竹を滅ぼす
 ・三河に侵攻後、織田を滅ぼす。
 ・越後に進行後、上杉を滅ぼす。

上記を状況に合わせて進めていきます。状況次第では飛騨・美濃も視野に。

クリア後に影ルートが開放されますが起こるイベントに所々、加筆されてる程度なので進み方には全く影響なく変更もありません。

スクリーンショット (176)

スクリーンショット (177)



評価

ルート分岐ではなくシナリオが二つある武田家。もう少し違いがあれば良かったのですが進行はほとんど同じ。

せめて途中からでも武田信廉が使用できるようなシナリオであったら良かったのではと考えずにはいられません。

登場キャラとしては馬場信春のグラフィックが今作固有のものなのでもったいないかも。

相変わらず自分で使用する分には最高勢力です。



上杉家

スクリーンショット (13)3


特徴としては


 ・CPが少ない(初期値は最低】

 ・ユニーク武将の追加

 ・開始国の石高が高く徴兵しやすい

 ・長尾景虎与六長尾顕景が改名

  (改名後、兵数が変わり装備しているアイテムが消滅)

 ・ルートの分岐はない

1スクリーンショット (176)


進め方としては


前作から特に変更はありません。

国内平定後→上野侵攻で”漢の史記”の入手という考え方も出来ますがおすすめしません。

せっかくCPの底上げをしても攻めにくく守りにくくなるからです。

素直に東北経由で南下していきましょう。

上杉家は序盤の改名イベントを終えるまでは注意が必要。

まず難易度”易しい”で始めることを推奨します。(開始時のCPが7の為)

1T目は”武将に合う”での会話を回収したい場合は鉄砲を購入しないように。(武将に会うでCP4を消費)

2T目にイベントがあり会話が更新されてしまうので。このあと4T目まで毎ターンイベントがあります。

CPを底上げするために早めに書物が欲しいところ。新発田で粘るのもアリ。

ここで”聖人の書物”が手に入ると楽に勧めることが出来ます。

4T目に長尾顕景の加入、改名イベント(改名後は装備が消えるので外しておくこと)

 ・Lv1長尾景虎(12/7/5)→Lv2上杉謙信(13/7/6)

 ・Lv1与六→(6/6/10)→Lv2直江兼続(7/7/11)

5カ国支配で改名イベント

 ・Lv1長尾顕景(4/6/6)→Lv1上杉景勝(4/6/6)

あとはルートの分岐も無いので力押しで攻めていくだけ。

1スクリーンショット (177)



評価

まさかの天狗仕様の主人公で始まるシナリオ。

その仕様もADV部分だけ。退屈では無いですがおもしろくもないです。

素直に牢人あたりから始まってれば良かったのにと思います。

他に気になったのは宇佐美定満。軍師という肩書きですが政治はもちろん智謀が低い。なんで?

SLG部分はいつもどおり

前作からユニークも増え包囲上手や完全包囲使える武将がいるおかげで若干侵攻しやすくなってる印象。

ただCPが低いのが難点。




伊達家

2スクリーンショット (19)


特徴としては


 ・CPは普通

 ・開始時の軍資金が少なめ

 ・ユニーク武将が少ない(開始時3人+颯馬)

 ・最上家と同盟

 ・開始位置は良い(ほぼ北端)

 ・選択肢によるルート分岐あり



進め方としては

まずは最上家との接し方を決めます。

お薦めは同盟破棄。威光は下がりますが序盤にユニーク4人回収出来る方が上策。

小田氏治を仲間にしたいかどうかで進行手順が変わります。放っておくと滅ぼされてしまうので急いで南下する必要があります。

 ①氏治欲しさに急いで南下

 ②無血開城を利用して北陸奥侵攻→北出羽→南出羽→越後→南陸奥

 ③前作と同じく南出羽→越後→南陸奥


②は背後を気にする必要はなくなりますが高レベルの城を多く所持することで出費がかさんでいきます。おすすめしません。

③が無難です。軍資金に余裕があれば③をベースに南陸奥に侵攻する前に北陸奥に侵攻も可。

早めに越後に侵攻することを薦めますが前作の上杉家よりも進軍が早いようで

こちらが2カ国支配して越後入りする頃には上杉家は越中まで進軍してると思います。

この時点でユニークの回収は困難だと思われるので越後まで制圧し越中にまでは無理に

追いかけない方がいいでしょう。(北条高広、柿崎景家の引き抜きだけで十分)

18カ国支配?で支倉常長が加入(Lv3/兵3000/鉄砲500)

21カ国支配でルート分岐

 ・自分が負うべきもの→政宗ルート

 ・政宗には片倉様がついている→常長ルート

政宗ルート

 ・26カ国支配で眼帯が取れ立ち絵が変わります。

※この時に兵数や鉄砲に変化ありませんが政宗のLvが3になり(Lv4であっても)装備が消えるので注意。

スクリーンショット (180)

スクリーンショット (181)



評価


支倉常長の加入が遅すぎます。序盤からいないのがもったいないと思えるスキルです。

ルート分岐するのもちょっと早いかも。回収が面倒だと思います。




総合評価

シリーズ中、一番面倒な作品。

ルート分岐するシナリオが多く回収に時間がかかるのが苦行かもしれません。

システム自体が前作から大きく変更されているので慣れるまで戸惑いました。(特に”武将に会う”)

システム面の主な不満

 ・クイックセーブ、クイックロードが無い

 ・ADVパートでロードが出来ない

 ・一斉移動、一斉出撃が出来ない

グラフィックの変更も大きいですね。統一感はあるものの慣れるまで違和感が半端ないです。

個人的には信玄は前作の方がよかったです。




次項は遊戯強化版壱になります。